WEB・デザイナーとしての独立ノウハウ&情報提供ブログ「MassanPress」

MEO対策とは

MEOとは

Map Engine Optimizationとは「マップエンジン最適化」の略称で、主にGoogleMAPを利用した検索対策で上位表示を行うため最適化を目指す対策のことです。

もっと簡単に説明をすると、スマホでどこかに出かけるときにGoogleMAPを利用して、「行きたいキーワード」とGPSによる「現在地」で近くの行きたいお店や場所が表示されますよね?
その検索結果で上位表示を狙うということなんです。

「地図を制する者は世界を制す」という言葉の通り、居酒屋やレストランやガソリンスタンド、花屋さんやスーパー、病院など実店舗をお持ちの方にとっては、近隣の同業者店舗より集客を望むのは当然かと思います。
つまり、ユーザーがGPSをたどって付近の情報を表示してくれるサービスを利用して集客をすることがこれからの最重要課題になってくるかと思います。

MEO対策のメリット

優良なユーザーの集客効果が高い

マップの表示は常にブラウザ上でも上部にあります。さらにリアルタイムな検索で「目的地に向かう」というアクション効果が非常に高いので集客の可能性を大幅に高めてくれます。

経路表示で目的地まで的確にユーザーをご案内

GoogleMAPでは経路表示のほかにも交通状況をリルートしてくれたり、公共交通機関での情報や徒歩での経路までしっかり案内してくれるのでユーザーを確実に案内できます。

口コミによる信頼性

口コミやレビューなどはGoogleに個人登録した人が投稿しているので信頼性が非常に高く、写真掲載もユーザーからも行うので行ったことが無い場所の情報も、店内の雰囲気や外観、メニューに至るまでリアルな情報が得やすい効果があります。

SEO対策に比べ競合が少ない

SEO対策ではワードが対策主体となるので、ビッグワードでの検索上位が狙いにくいですが、MEOは実店舗で信頼性の高い情報や口コミ、また、現在しっかり対策をしている店舗が少ないので対策と評判で上位獲得が得やすい環境なので今からでも遅くはないんです。

MEO対策のデメリット

地域特化なので不特定多数を狙う商売には不向き

先ほどもお伝えした通り”ユーザーの現在地の付近”が該当エリアになるのでネットショッピングや地域を限定しなくても良い店舗には必要がありません。

口コミがもらいにくい業種もある

飲食店やホテルなど施設や店舗のユーザーは、インスタ映えする写真や記念に撮った写真も含め口コミで評判も書かれやすいですが、閉鎖的な工場や倉庫など一般ユーザーが出入りしないような業種では口コミが書かれないばかりか、不快感を与える外観や印象があるとクレームなど投稿される場合もあります。

MEO対策の最適化の方法

Googleアカウントを所持していればオーナーでなくとも情報提供などはできますが、順位表示されている店舗は「Googleマイビジネス」に登録されています。

MEO対策(Googleマイビジネス)の手順
  1. Googleアカウントの登録
  2. Googleマイビジネスの登録
  3. 基本情報の設定
  4. 写真掲載や説明などのアナウンス情報の登録
  5. 口コミやレビューでの評価を増やす

と設定するのですが、ここで大切なのはページの各所に対策したいキーワードを追加適宜更新することなんです。

効果の確認方法

Googleマイビジネス上でどのくらいの順位変動があったか、またどれくらい認知されているかという分析結果が確認できます。

Googleマイビジネス「インサイト」

・ユーザーが検索に使用したワード
・ユーザーの検索方法

直接・・・直接名前などで検索されたユーザー数
間接・・・商品名やサービス、カテゴリーなどで検索されたユーザー数
ブランド名・・・ビジネス(リスティングなど)を見つけたユーザー数

ユーザーの検索経由の分析結果やユーザーのアクション数(サイトアクセス、位置情報、電話、マイビジネスからのメッセージ)の分析結果が分かります。
また、写真の枚数や閲覧数ももちろんグラフで表示されます。

まとめ

これから自動運転も始まり、さらにマップ上の情報精度を高める必要があると思いますので、是非「Googleマイビジネス」を設定して「MEO対策をより効率的・効果的に運用するための「MEOチェキ」」などで効果を高めてはいかがでしょう。

関連記事